Ideas

IDEA・12

「捨てる」に寄り添う組立式ダンボールテント
DAN DAN DOME

省資源社会-廃棄による環境負荷-

Outline

概要

DAN DAN DOMEはダンボールで作ることができる組立式テントです。材料のほとんどがダンボールで、利用後はしっかりとリサイクルできます。特殊なラミネート技術で、屋外での利用も可能。ちゃんと捨てられるからこそ、作るプロセスや使うプロセスに大きな価値が生まれるのです。皆で作ることでコミュニケーションが活性化したり、絵を描いたり、映像を投影したり、自分なりの手あかを付けるのが醍醐味。最後はしっかりとリサイクル。

Challenge

省資源社会-廃棄による環境負荷-

コロナ禍で、ステイホームやソーシャルディスタンスという言葉が当たり前となり、巣ごもり需要や、風通しのよい屋外でのキャンプなどのニーズも高まっています。一方で、テレワークなどの普及により、家庭での電力消費や、ごみの増加などの現象もおこっています。また、野外においては、我々の製造する包装容器だけでなく、テントやアウトドア用品など、さまざまなものが「捨てる」という課題に直面しています。

Solution

組立式ダンボールテント「DAN DAN DOME」

誰でも直感的に作業できる

ダンボールは様々のモノを届けるために使われています。最近ではネット通販やフリマサイトなどの台頭で、徐々に生産量も増えています。その一方で、並行して増えているのがダンボールを組み上げる作業です。最前線でダンボールを作り続ける日本トーカンパッケージは、モノを守ることはもちろん、それを組み上げる人の作業性にも真っ向から向き合います。DAN DAN DOMEで採用したプッシュ式のロック機構もそのひとつです。DAN DAN GUIDEの図解をみれば、大人でも子供でも、言葉が通じなくても作業ができる工夫です。

ヒントを得たのは、1枚のダンボールを治具に乗せ、押し込むだけで通販用の箱が誰でも作れるエコクイックボックスの技術。熟練の作業者でなくとも、言葉が通じなくとも直感的に作業ができる。最前線でダンボールを作り、供給しているからこそ生まれる「わざ」なんです。

ダンボールなのに雨ニモマケズ

ダンボールの弱点はなんといっても水分です。水を含むと強度が落ちて、破れたり、中身を守ることができなくなってしまったり。DAN DAN DOMEも同じ課題を抱えていました。そこで活躍するのが「たもっちゃん」という日本トーカンパッケージオリジナルの耐水性ダンボールです。「たもっちゃん」は、100年以上続く包装容器業界のリーディングカンパニーである東洋製罐グループだからこそできた技術です。

同じ水分である飲料を入れる紙コップ。東洋製罐グループの国内シェアは約70%。そんな紙コップの、紙に薄い樹脂をラミネートする技術がダンボールにも使われているのです。もちろんリサイクル可能。最前線で飲み物を包む「わざ」がDAN DAN DOMEにも余すこと無く使われています。

最前線の対応力

重いモノ、軽いモノ、大きいモノ、小さいモノ、食べ物、飲み物、生活用品、精密機器、様々なモノを包むダンボール。包む中身が異なれば、最適なダンボールの形や仕様も変わるものです。造る人の想いが詰まっているからこそ、最適なダンボールで包んであげたい。それが日本トーカンパッケージの最前線です。

DAN DAN DOMEは極地建築家の村上祐資さんと一緒に、これまで培った技術を全てつぎ込みました。人を包むだけでなく、作る過程、過ごす過程、壊す過程、そして捨てる過程までこだわったデザインや設計になっています。包むことが難しいモノほど包み甲斐がある。最前線での対応力が最も重要な「わざ」なのです。

Information

お問い合わせ先

DAN DAN DOME オフィシャルwebサイト:https://dandandome.com/

close