Ideas

IDEA・18

食塩使用量を“見える化”する調味料IoTデバイス
ソルとも(Saltomo)

健康寿命-生活習慣病

Outline

概要

目に見えず、使用量管理が大変な塩分。知らず知らずのうちに取りすぎると、生活習慣病などの原因となります。総合容器メーカーの東洋製罐グループ、ヘルスケアスタートアップのおいしい健康、電機メーカーのシャープが業界の垣根を超え、減塩という日本の課題に挑みます。

Challenge

健康寿命-生活習慣病

日本人の塩分摂取量は世界的にみても高くなっています。食塩の摂り過ぎは、脳卒中や心筋梗塞、心不全、不整脈などの原因となる可能性があります。一方で、食塩は目で見ることが難しく、細かな計量や記録も大変です。「健康」だけでなく、「おいしさ」にも関係する食塩使用量の管理は、日本人の身近な課題となっています。

Solution

調味料IoTデバイス 『ソルとも(Saltomo)』

2種類の調味料IoTデバイスにより、食塩使用量を自動記録

食塩などの顆粒調味料をワンプッシュで一定量(0.3g)出し、その回数から使用量を記録する「プッシュタイプ」と、醤油などの市販の液体調味料を設置し、その重量差から使用量を記録する「トレイタイプ」を開発しました。

■プッシュタイプ
外形寸法:直径55 × 高さ138mm(容器含む)
質量(電池含む):約148g

■トレイタイプ
外形寸法:幅98 × 奥行98 × 高さ43mm
質量(電池含む):約177g

専用スマートフォンアプリが、食塩使用量を見える化し、専用レシピを提案

調味料IoTデバイスで自動記録された食塩使用量(日付/種類/使用量など)を専用アプリから確認できます。また、食塩使用量のデータに基づき、ユーザーに適した減塩レシピを提案します。

調味料IoTデバイスと専用スマートフォンアプリを組み合わせることで、より簡単にお客さまの「減塩」への取り組みをサポートしていただけます。

あたらしい食卓プロジェクト

『ソルとも』は、総合容器メーカーの東洋製罐グループ、AI献立・栄養管理アプリを提供するおいしい健康、電機メーカーのシャープという、異なるフィールドで活躍する3社の共同開発によって生まれたデバイス・サービスとなっています。

誰もが毎日の食事を楽しみながら、健康になれる「あたらしい食卓」を作ることを目的に業界の垣根を超えたオープンイノベーションプロジェクトを推進しています。

Information

お問い合わせ先

製品HP・お問合せ

https://oishi-kenko.com/saltomo

close